最近Linuxにあまり触れていない

最近、いろいろ仕事などで忙しく、なかなかGNU/Linuxシステムに触れる機会が大幅に少なくなってしまった。一応、それに似たような環境自体は使っているが。

GNU/Linuxシステムといえば、LinuxカーネルとGNUのツールキット群を組み合わせてOSとしたものであり、PC向けLinuxディストリビューションのほぼ全てがこれに当てはまる。たとえばCentOSやUbuntu、Debianなどが有名である。

さて、いろいろ仕事などでなかなかLinuxに触れる機会が得られない状態だが、そこまでLinuxの知識を忘れてしまうということはなさそうである。というのは、macOSをメインで使っている関係か、Linuxでよく見られるツールの多くがmacOSでも使えるからだろうか。

Linuxを触れる機会がなかなかなかったとしても、その勘が薄れるということはなんとしてでも避けたいところではある。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。