HTTPステータスコード早わかり表

今回は、HTTPステータスコードの早わかり表を書いてみたい。ソフト404は結構迷惑でも言及したが、それぞれのステータスコードについて簡単に説明してみたい。

1xx: 情報(Informational)

リクエストを受け取り、処理を継続するときに使われる。

コード 概要 意味
100 Continue リクエストを継続する。
101 Switching Protocol プロトコル切り替えを要求する。
102 Processing (WevDAV拡張)処理継続中。

2xx: 成功(Success)

処理が成功した時のステータスコード。

コード 概要 意味
200 OK リクエストが成功し、レスポンスを返す。
201 Created リクエストが成功、新たに作成されたリソースのURIを返却する。
202 Accepted リクエストを受け取ったが、処理は完了していない。(バッチなどの処理で使う。)
203 Non-Authoritative Information オリジナルのデータではなく、プロキシやローカルなどの信頼できない情報である。
204 No Content リクエストを受け取ったが、レスポンスするものがない。
205 Reset Content リクエストを受け取り、内容をリセットする。
206 Partial Content 部分的なデータを返す。
207 Multi-Status (WebDAV拡張)複数のステータス。
208 Already Reported (WebDAV拡張)報告済み。
226 IM Used (Delta encoding in HTTP拡張)IMを使用している。

3xx: リダイレクト(Redirection)

リクエストを継続するために、追加の処理が必要。

コード 概要 意味
300 Multiple Choices 複数のリダイレクト先があり、選択する必要がある。
301 Moved Permanently リクエストされたリソースは恒久的に移動された。
302 Found リクエストされたリソースを発見した。
303 See Other レスポンスは別のURLに存在する。
304 Not Modified リクエストされたリソースは更新されていない。
305 Use Proxy プロキシを使用せよ。
306 (Unused) (予約済み)
307 Temporary Redirect リクエストされたリソースは一時的に移動されている。
308 Permanent Redirect 恒久的なリダイレクト。

4xx: クライアントエラー(Client Error)

クライアント側からのリクエストにミスがあったときに使われる。

コード 概要 意味
400 Bad Request 不正なリクエスト
401 Unauthorized 認証が必要。
402 Payment Required 支払いが必要。(未実装)
403 Forbidden アクセスが禁止されている。
404 Not Found 指定されたリソースは見つからなかった。
405 Method Not Allowed 許可されていないメソッドでリクエストしようとした。
406 Not Acceptable 指定されたリクエストは受理できない。
407 Proxy Authentication Required プロキシ認証が必要。
408 Request Timeout リクエストがタイムアウトした。
409 Conflict 競合した。
410 Gone 指定されたリソースは消滅した。(一般的なHTTPサーバーではリソースが削除された場合は404エラーが返るため、特別に指定する必要がある)
411 Length Required Content-Lengthヘッダーが必要。
412 Precondition Failed 前提条件が間違っている。
413 Payload Too Large ペイロードが長すぎる。
414 URI Too Long URLが長すぎる。
415 Unsupported Media Type 指定されたメディアタイプはサポートしていない。
416 Range Not Satisfiable 範囲外のレンジを指定された。
417 Expectation Failed Expectヘッダによる拡張が失敗。
418 I’m a teapot 私はティーポット。(ジョーク)
421 Misdirected Request リクエストが誤っている。
422 Unprocessable Entity (WebDAV拡張)処理できないエンティティを受け取った。
423 Locked (WebDAV拡張)リソースがロックされている。
424 Failed Dependency (WebDAV拡張)依存関係で失敗した。
426 Upgrade Required (Upgrading to TLS Within HTTP/1.1拡張)アップグレードが必要。
451 Unavailable For Legal Reasons 法的問題で指定されたリソースは利用できない。

5xx: サーバーエラー(Server Error)

サーバーがリクエストの処理で失敗したときに使われる。

コード 概要 意味
500 Internal Server Error サーバー内部でエラーが発生して処理を中止した。
501 Not Implemented 実装されていないメソッドが使われた。
502 Bad Gateway ゲートウェイが不正である。
503 Service Unavailable サービスが利用不能状態である。
504 Gateway Timeout ゲートウェイがタイムアウトした。
505 HTTP Version Not Supported 指定されたHTTPバージョンはサポートしていない。
507 Insufficient Storage (WebDAV拡張)ストレージの容量が足りない。
508 Loop Detected (WebDAV拡張)ループを検知した。
509 Bandwidth Limit Exceeded 帯域幅制限を超過した。
ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする