Articooloで記事を書いてみる

今回は、「Articoolo」という、AIが与えられたワードを元に自動的に記事を書いてくれるというシステムを試してみた。Articooloによれば、キュレーションではなく、AIを使って、一から記事を書いているとのことである。そこで、今回は私も試して見た。なお、Articooloは英語のみの対応で、日本語には対応していない。

利用にはFacebook、Twitter、LinkedInのアカウントが必要で、無償では一部段落のみ表示されるのみで、制限のない利用は有償での利用回数ベースの課金、または月間のサブスクリプションが必要である。

さて、私の場合は、今回は以下の文字で試して見た。

「iPhone vs Android」

この場合、今回は以下の文章が生成された(画像)。

今回は無償モードで行ったため、一部の文章以外は無意味なものに置き換えられた上でぼかされている。

色々見ていた感じでは、日本語版が出てきた時に、かなり面白くなりそうな印象があった。というのは、日本語では英語とは文法法則が結構異なり、英語ではできないような難しさがあるように見受けられるからである。

何れにしても、今後のAIによる執筆という点で、今後が楽しみなツールである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする