Circle CIでgit submoduleをクローンしたい場合

最近では、様々なプロジェクトでCircle CIを使っていると考えられる。Circle CIではGitHubやBitbucketと連携して、コミットのプッシュを受け取ったら、自動的にビルドやテストをすることができる。さて、今回はgit submoduleを使っているリポジトリでCircle CIを使う場合の注意事項について書いて見たい。

Circle CIではクローンする際に--recursiveオプションをつけていない模様で、サブモジュールまではクローンしてくれない。したがって、circle.ymlにサブモジュールを使うようにできるようにする必要がある。

とは言え、通常は以下を追加するだけである。

これでサブモジュールを落としてくれるようになる。もし非公開リポジトリ〜なのであれば、認証情報をセットする必要がある。

これは気づかないと落とし穴になってしまうので、覚えておくと良いだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする