Mac Proのコンセプトデザインは・・・

次世代Mac Proのコンセプトデザインが公開!性能アップが簡単なモジュール方式』(iPhone Mania)によれば、ドイツのテクノロジー系メディアCurvedが次世代のモジュラーデザインのMac Proのコンセプトデザインを公開したとのことである。

Mac Proは2013年より現行のいわゆるゴミ箱を連想させるデザインになっており、iFixitによればパーツが高度にモジュール化されていることで、マニュアルなしでユーザーが分解するのは危険であるものの比較的しやすい1 という一方で、筐体に余裕がなく、拡張性に限界があった。

今度のモデルでは拡張性の高いモジュラーデザインに変更されるということで、今回のコンセプトデザインが出たということなのだろう。個人的にはなかなか面白いものではあるのだが、実際には随分違うようなものになりそうなイメージではある。少なくとも筐体の大型化はありえそうである。

とは言え、Mac Proにもようやくあかりの兆しが見えたことで、状況が好転することを期待するばかりである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
  1. cf: 『アップル「Mac Pro」、「修理しやすさ」で高評価–iFixitが分解』 – CNET Japan []
スポンサーリンク

フォローする