5月より山手線のE235系が量産車の運転開始とのこと

現在、山手線の新型車両E235系の量産先行車が運転されているが、5月より量産車が順次運転開始、2017年度では15編成が投入、2020年春までには置き換えが完了する計画とのことである。

E235系は、2015年11月30日に営業運転を開始するも、車両制御システムINTEROSの不具合に起因するトラブル多発により、営業運転を中止、2016年3月7日に営業運転を再開するという経緯があった。現在は不具合については改善されているそうである。

なお、置き換え対象のE231系は中央・総武緩行線に転属されるとのことである。

現時点では、他路線へのE235系の展開はの見通しは不明である。

登場時のトラブルにより、マイナスからのスタートとなってしまったE235系であるが、その後の調整もあって、量産へゴーサインが出た形となった。今後、E235系を取り巻く環境はどうなっていくのだろうか?

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする