macOS Sierra 10.12.5/iOS 10.3.2アップデートが提供された

米アップル社は2017年5月15日(米国時間)、macOS Sierra 10.12.5及びiOS 10.3.2のアップデートを提供した。macOSのアップデートはMac AppStoreより、iOSのアップデートは設定アプリよりダウンロード・インストール可能である。

さて、今回のアップデートでは、macOSではBootCampでWindows 10 Creators Updateをメディアフリーでインストール可能になった、USBヘッドフォン使用時に音声が途切れる可能性がある問題の修正、Mac AppStoreの互換性強化の対応がなされた。そのほかは、macOS/iOS共に脆弱性が修正されているとのことである。

なお、今日でWindowsを標的に猛威を振るっている「WannaCrypt」攻撃前後に配布されたアップデートであるが、当該ランサムウェアとは関係のないもののようである。とはいえ、別の脆弱性や不具合が多数修正されているため、アップデートは必須であろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL