CPU戦争もさらなるステージに突入か

2017年3月2日(米国時間)にAMDよりRyzenが発売、5月末にはインテルより最大18コア/36スレッドのCore i9シリーズの登場、さらにAMDよりRyzen Threadripperが発表されるなど、PC向けCPUの競争はさらなる段階を迎えようとしている。

全体としてはPC向け市場としては、長らくインテルが圧倒的に優位な状態にあり、AMDがそれを追うという状態が続いている。

ZenアーキテクチャーベースのRyzenが登場するまではBulldozerベースのアーキテクチャーが使われていたが、商業的には失敗に終わった反省。この反省からZenベースのアーキテクチャーが登場したと考えられる。

Ryzenシリーズにおいては、Coreシリーズに十分対抗できるものとなっていることが伺える。このこともあって、インテルもCore i9を発表するなどして、勝負に向かう姿勢が伺える。

ようやくAMDがインテルに対抗できるようになった感はあり、今後、さらなる競争が始まるだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL