Windows App Studioは12月1日に終了へ

マイクロソフト社は、2017年12月1日にWindows UWP向け開発ツール「Windows App Studio」の提供を終了すると発表した。現在の利用者に対しては、WindowsTemplateStudioへの移行を促しているという。

Windows App Studio being sunset』(Building Apps for WindowsBuilding Apps for Windows)によれば、以下の予定がなされているという。

  • 7月15日: 既存ユーザーのみサインイン可能、完了したプロジェクトのダウンロード可能、新規ダイナミックコレクションデータソースの作成不能、ダイナミックデータがダウンロード可能に
  • 9月15日: エディターの動作停止、既存アプリへのAPIの動作が停止する
  • 12月1日: サービス全体終了の予定

(WindowsTemplateStudio)

は、Visual Studioのアドオンとして配布されている。Visual Studio Communityでは個人用途やオープンソースプロジェクトの開発などでは無償で利用可能である。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする