次から次へと消えつつあるレガシー

Adobe Flashにも2020年を目処にピリオドが打たれる方向へで言及したことがあるが、Adobe Flashは2020年に終了する方向が示されている。とはいえ、それ以外にも使われることがなくなったレガシーが多数存在する。物によっては、見向きもされることのないまま消えていったものもあるだろう。

例えば、フロッピーディスク。これは1990年代末までは持ち出し可能な記録媒体として使われていたが、21世紀に入ってから記録可能なCD/DVD/BD、USBメモリー、SDカードなどが普及するにつれて使われなくなり、今ではほとんど使われなくなった。

他にも、VBスクリプト。これはVisual Basicの文法を真似て作られたスクリプト言語で、当初はJavaScriptに対抗して、のちにWindowsのバッチ処理に使われるようになったものの、セキュリティーの問題などで成功には至らず、後継技術の登場により、衰退に向かっている。

他にも多数廃れていったものはあるが、これも時代の変化なのだろうか?

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL