ロジックサマナーの解答例コード作成中

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

ロジックサマナーをやってみているが・・・でも言及したが、『ロジックサマナー 閃光の召喚プログラマ』のサンプルコードを順次GitHubのsaitomarch/LogicSummonerで順次アップロードを行なっている。現時点では一部のお題のSwiftのコードのみとなっているが、機会があれば、順次増やして行きたい。

現時点ではプログラミング言語1 、召喚の書(Summon)/生け贄(Sacrifice)/宝具(Item)/スパイス(Spice)、それぞれの名前の順になっている。

現時点ではあくまでソースコードを公開しているに過ぎず、解説記事については、また当分先のことになりそうだ。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

  1. 投稿時点ではSwiftのみ []
スポンサーリンク

フォローする