英和・和英以外の外国語の辞書は軒並み高い

需要と供給の規模が影響しているのかもしれないが、英和・和英辞典以外の外国語の辞書類は軒並み高価な傾向にある。規模にもよるが、一定以上の規模の大きい辞書類になるとかなりコスト高となっている。

英和・和英辞典においては、学習用途で使われている英和・和英辞典においては、概ね3,000〜4,000円で購入できるものが多い。机上版や専門用語を多数収録した特殊な
辞書ではそれ以上の価格のするものもあるが、学習用途であれば10,000円で英和・和英の両方を購入できるほどである。

一方、それ以外の外国語辞典となると、結構コスト高になる。ハンディーなサイズの辞書を除けば基本的に4,000円を超えるものであり、中には一般的な英和・和英辞典の倍以上(6,000〜8,000円またはそれ以上)するものも珍しくない。

これは、学校教育で英語学習をするということから英語の辞書の需要と供給規模が大きいのに対し、それ以外の外国語では大学での第二外国語または趣味で学習するという傾向があることもあり、必然的に需要が少ないということからだろうか?

こればかりは少々寂しいところではあるが、需要と供給の規模でどうしても仕方のない部分はあるのかもしれない。それでも結構高いので出費が痛いところだが・・・。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL