二段階認証ってたまに不便

最近、主要のアプリでは二段階認証を要求するものがオプション、またはデフォルトで増えており、それが時々不便になる場合もある。普段はそこまで問題になることがあるわけではないが、端末の買い替えの時に問題になる。

二段階認証では、従来のユーザーIDやパスワードの認証を行った後、SMSや認証用アプリ、あるいはハードウェアトークンなどを使って、関連づけられた端末のトークンを使って認証するというもので、従来では不十分だったセキュリティーをある程度強化することができるようになっているというものである。

この方法により、セキュリティーが強化されることで、万一パスワードが盗み取られたとしても、第二段階の認証方法で侵入を阻止することができる場合があると言える。

とはいえ、二段階認証により、しばしば別の問題を引き起こす場合もある。万一ハードウェアトークンや認証用アプリをインストールしたスマートフォンを紛失してしまった場合、あるいはスマートフォンを買い替えた時に、ログインできなくなってしまうという問題もあり、その際の復旧が面倒になることがある。

この時は、二段階認証が非常に不便に感じる時ではあるのだが・・・。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL