新しいパンクしないタイヤ・・・?

話題の「パンクしないタイヤ」、各社が開発競う』(ITmedia)によれば、東京モーターショー2017で、ブリヂストンや住友ゴム工業から、パンクしないタイヤが展示されているという。パンクしないタイヤ自体はしばしば耳にするか、今回のパンクしないタイヤはかなり独特なデザインのように見られる。

ブリヂストンが展示している「AirFreeConcept」及び住友ゴム工業が展示している「GYROBLADE」共にホイールとタイヤトレッドの間に独特の形状の樹脂製のスポークを挟むことで衝撃を吸収することで、これまでのノーパンクタイヤで問題になっていた衝撃を少しでも和らげようとしているようである。

これまでのノーパンクタイヤでは、チューブのところにジェルや樹脂などを使うという手法が使われていたこともあり、重く、なおかつ衝撃がほとんど吸収されていなかったことで使われているとは言いがたい状態だったが、今回展示されたコンセプトのタイヤではどうなるのだろうか?デザインがかなり斬新なものになっていることもあり、かなり気になるところである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする