クックパッドもしばしば問題になる

クックパッドはしばしば問題になるようなレシピが公開されている。例えば、生の豚肉(寄生虫やE型肝炎などのリスクあり)や蜂蜜入りの離乳食(乳児に食べさせた場合、乳児ボツリヌス症の原因になる)など、食の安全の観点から致命的な問題になるようなものもしばしば出ている。今回はビワの種を使ったものが問題になっているという。

「ビワの種食べないで」 農水省が注意喚起、クックパッドなど一部レシピ削除』(ITmedia NEWS)によれば、ビワの種子には「アミグダリン」が含まれており、アミグダリンが体内で分解されて青酸が生成される可能性があり、健康への悪影響を及ぼす虞があるため、ビワの種子等を食べないようにとの注意喚起が提示されたことを受けて、クックパッドでは12月8日までにビワの種子を使ったレシピの一部の削除したとのことである。

このビワの種子に含まれているという「アミグダリン」だが、これは梅や杏、桃など、バラ科の未成熟な果実や種子などに含まれているもので、エムルシンと呼ばれる酵素によって分解される過程で青酸が生成されるというものである。なお、青酸は猛毒だが、よほど大量に未成熟の梅や杏、ビワなどの種子や果実を食べたというのでなければ重症化するのは多いとは言えないものである。とは言え、杏やビワの種子の粉末などで大量のアミグダリンが入っているというケースもあるので、知らず知らずのうちに問題になるかもしれない。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする