スマホでブログを編集するのは地味に制約が厳しい

本ブログを執筆するとき、しばしばスマホ版のWordPressを使っているが、地味に制約が厳しくて、執筆のレパートリーはなかなか広まらない。

このスマホでブログ編集の制約が地味に厳しい、というのは、アプリというよりは、デバイスの制約によるものなのだが、スマホが決してPCを置き換えるものにはなっていないということがうかがえるということが考えられる。

例えば、入力効率で言えば、仕組み上、タッチパネルのソフトウェアキーボードは決して入力効率が良いとは言えないと感じる時がある。スマホでは基本的に画面上のソフトウェアキーボードを使って文字入力を行うが、これはしばしばタイプミスを起こしてしまいがちである。というのも、キーの境界を触覚で識別できないからである。PCにおいてはキーボードを使うので、使いこなせればタイプミスをゼロにしやすい。

上記の特徴のほか、画面サイズの観点から、PCと比較して、スマホでは明らかに長文に向かないのは論を待たないだろう。従って、記事執筆自体の自由度で言えば、明らかにPCと比べて分が悪いといえる。

とはいえ、その制約を差し引いても、スマホの場合はどこでも記事を執筆できるというあまりにも強い利点があるため、その不便が問題にならないときは、スマホで記事を執筆しているのだけれどね。

要は、書く記事によって、スマホで十分かPCじゃないと厳しいかが分かれてしまうといったところ故。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする