anyenv備忘録

anyenvは、PHPやNode.js、Ruby、Pythonをはじめとしたいくつかのプログラミング言語のコンパイラー/インタープリターのenvを一括で管理できる便利なツールで、個別にrbenvなどのenvを使ったり、あるいは直接インストールしたりする時よりも便利である。ここでは備忘録として色々書いていきたい。

anyenvのインストール方法

anyenvをインストールする時は、GitHubのriywo/anyenvを参考に、コマンドラインを実行すれば良い、ただし、anyenvはUNIXシステム系などのOSを対象にしているため、Windowsで使う場合は、別途仮想環境かWindows Subsystem for Linuxを利用する必要がある。

なお、当該ページでは「~/.your_profile」については、自身が使っているシェルのプロファイルに設定する。例えば、bashを使っている場合は「~/.profile」や「~/.bash_profile」である。

プラグインについて

anyenvでは、いくつかプラグインが提供されている。anyenv-updateanyenv-gitで、前者はanyenv updateでanyenvおよびそれを利用してインストールされた各種envの更新が可能、anyenv-gitではgitの処理が可能になるという。どちらも便利なのでインストールしよう。

anyenvの利用方法

anyenvは基本的にコマンドラインを使う。ここでは、rbenvをインストールする場合を想定する。

envをインストールする

envをアンインストールする

envでインストールされているバージョンを出力する

現在有効なバージョン

インストールされている全てのバージョン

最後に

anyenvを使い始めてから結構期間が経っているが、個人的には、anyenvはそれぞれのenvを管理するという性質上、表立って使うことはそこまでないと考えている。とはいえ、コマンドを少しでも減らしたいときにはなかなか便利なものであるので、うまく使っていきたいものである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする