上手く時間を使いたい

仕事においては、いかにして限られた時間を上手く使うかが重要な課題になっている。これは、関わっている仕事が多くなれば多くなるほど重要度が増す。

仕事をするときや、学習するときは、どういう心構えで取り組んでいるだろうか?時間をかけてでも最後までやるのだろうか?それとも、必要十分のレベルのものを早く作り上げるのだろうか?

それぞれの考えがあるため、一概に良し悪しは決められないが、一定以上の成果が求められる場合は、必要十分のものをいかにして時間をかけずに進められるかが求められる。これは、ほぼすべての仕事が当てはまる。

ただ、そのためには、ペース配分を考える必要がある。また、予定通りに上手くいくとは限らない(多くの場合ほぼ確実に予定通りに進まない)ため、それも盛り込み済みで計画を立てるか、さもなければできるところはどんどん進めて、先行するのがむしろ望まれる。

時間は限りがあるのだから、できることはどんどんやってしまいたい。その一方で、十分な休息も必要なのだから。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする