MacBook Proもさりげなくモデルチェンジする

2018年7月12日に、アップルはMacBook Proのモデルチェンジを行った。Touch Bar付きモデルではTrue Tone搭載、また13インチモデルではTouch BarつきモデルでクアッドコアCPUが、15インチモデルでは6コアCPUが搭載される初のモデルとなった。

今回モデルチェンジされたのは、Touch Bar付きMacBook Proシリーズで、これはアプリ開発者や動画編集者など、プロフェッショナル用途で求められる性能重視のモデルにあたる。

今回のモデルチェンジでは、主に以下が更新されている。

  • 第8世代Intel Core CPU (13インチ: 4コア/15インチ: 6コア)
  • (15インチモデルのみ) 最大32GB DDR4メモリー
  • True Tone搭載Retinaディスプレイ
  • Apple T2チップ搭載
<li>これは、2018年7月6日前後にEEC(ユーラシア経済委員会)のデータベースに登録されていたことで話題になっていた。</li>
<li>15インチモデルのメインメモリー上限増大は、多数のソフトウェアを走らせる時に重宝する。</li>
<li>最近のMacシリーズのモデルチェンジではさりげなく行われるパターンが増えているように見える。</li>

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする