Swiftに慣れると・・・

Objective-Cが使いづらくなるのは致し方ないだろう。多くの場合、Swiftの方が安全であること、また、Objective-Cの開発でもSwiftを意識しなければならないようになっているため、面倒になっているからである。

Swiftでは、Objective-CとのAPIレベルの互換性がある程度確保されており、お互いのコードを呼び出せるように仕組みを作ることは可能であるが、Objective-Cから変更が行われており、Swiftでしか使えない機能もかなり増えている。一方で、C++の遺産を利用するにはObjective-Cが欠かせない。

これらの上で、Swiftに慣れていると、Objective-Cが地味に使いづらくなっている面がある。たとえば、

  • 行末のセミコロンを忘れがち
  • Xcodeの挙動がおかしい時がある
  • メソッド呼び出しについついピリオドを使っちゃう
  • Optional型はどうするんだっけ?(特にフレームワーク開発で顕著)
  • クラス
  • 宣言部分と実装部分の書き方
<li>といったような落とし穴が出てくるので、地味に面倒だったりする。とはいえ、Objective-Cを知っている人ならある程度使えば勘は戻るとはいえども。</li>
<li>Swiftに慣れると、Objective-Cが意外と地味に使いづらいと感じる時がある。とはいえ、今のところはObjective-Cも覚えておきたいだろう。</li>

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする