Dart/Flutterプログラミング入門 – 計算を行う

Dart/Flutterプログラミング入門 – Dartの初めてのプログラム」ではプロジェクトの作り方と試しに走らせてみた。ここでは、加減乗除の計算についての説明を行いたい。

加減乗除の計算を行う

加減乗除の計算は基本的には以下の記事に準ずる。

ただし、除算においては小数点数となる。もし整数として割り切れない数値を切り捨てる場合は「~/」とする必要がある。

計算の種類算数・数学の記号Dartで使う記号
加算(足し算)+
減算(引き算)
乗算(掛け算)×*
除算(割り算)÷/ (小数とする場合)
~/ (整数とする場合 [1]割り切れない数は切り捨て )
剰余(割り算の余り)%

サンプルコード

void main() {
  print('足し算3+5の結果は${3 + 5}です。');
  print('引き算7−3の結果は${7 - 3}です。');
  print('掛け算3×5の結果は${3 * 5}です。');
  print('割り算4÷2の結果は${4 / 2}です。 (割り切れる場合※小数)');
  print('割り算4÷2の結果は${4 ~/ 2}です。 (割り切れる場合※整数)');
  print('割り算5÷2の結果は${5 / 2}です。 (割り切れない場合、小数とする場合)');
  print('割り算5÷2の結果は${5 ~/ 2}です。(割り切れない場合、切り捨てる場合)');
  print('割り算5÷2の余りは${5 % 2}です。');
}

出力

足し算3+5の結果は8です。
引き算7−3の結果は4です。
掛け算3×5の結果は15です。
割り算4÷2の結果は2.0です。 (割り切れる場合※小数)
割り算4÷2の結果は2です。 (割り切れる場合※整数)
割り算5÷2の結果は2.5です。 (割り切れない場合、小数とする場合)
割り算5÷2の結果は2です。(割り切れない場合、切り捨てる場合)
割り算5÷2の余りは1です。

補足: 計算ルール

Dartにおいては、計算の優先順位は以下のようになっている。

  • 括弧で囲まれたものが最優先で計算が行われる。括弧の内容は下記の内容に従う。
  • 優先順位は乗算と除算が優先され、その後に加算と減算が行われる。
  • 乗算と除算は優先度が同じ。また加算と減算も同様に優先度は同じである。
  • 優先度が同じの計算記号同士の場合は、左のものが優先度が高い。

計算ルールについては、以下の記事も参照のこと。

サンプルコード

void main() {
  print('答えは${3 + 14 * 12 - 6 ~/ 3}です。');
}

出力

答えは169です。

References

1 割り切れない数は切り捨て

コメント

タイトルとURLをコピーしました