セキュリティー対策は非Windowsでも必要

この記事は1年以上前に掲載されたものです。 情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

Windowsではインストールしてあたりまえとなっているアンチウィルスソフト(近年ではマルウェアなどとも呼ばれている)あるいはオールインワンでのセキュリティーソフトなどであるが、一部ではOS XやGNU/Linuxシステムなど非Windows環境では一般用途で言えば不要とまで主張するという情報もあるという。

しかしながら、当方は非Windows環境であっても、アンチウィルスソフトの使用など、セキュリティー対策は必要である。というのは以下の理由からである。

  • Windowsと比較すれば数は少ないがOS XやGNU/Linuxシステムを対象としたウィルスが確認されている
  • OS XやGNU/Linuxシステムのシェアが増えればそれらをターゲットにしたウィルスが増えると推測される
  • マクロウィルスはマクロが使えればOSを問わず感染する可能性がある
  • サーバー用途であれば、他のマシンを感染させないようにするため

これらの理由から、やはりウィルス対策は必要と言える。

今日では無料で使用可能なセキュリティー対策ソフトも出回っているので、コストを抑えたいのであれば利用規約を確認した上で自己責任で使うのが好ましいだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。