2016年にMacBook Airがリニューアル、11インチモデルが廃止され、15インチモデルが追加か

以前、MacBookとMacBook Airが一本化される可能性はあるのかという記事において、当方でもMacBook及びMacBook Airへの言及を行ったが、『MacBook Airが大幅刷新へ!11インチを廃止、来年6月に発表か』(iPhone Mania)及び、『MacBook Airが2016年にリニューアルされてWWDCでお披露目って噂。Twitterでの反応は?』(ギズモード・ジャパン)によれば、2016年にMacBook Airがリニューアルされるとのことである。

両記事においては、2016年にMacBook Airがリニューアルされて、現時点でサイズ的にMacBookと競合を起こしている11インチモデルを廃止する代わりに、新たに15インチモデルを追加するとのことである。

なお、両記事にかかわらず、アップルの製品に関わる噂はアップルから正式な発表が出るまでは不確定事項が多く、鵜呑みにはできないが、MacBookの登場によってMacBook Airシリーズにもてこ入れの必要性が生じたのではと考えると、近い将来にMacBook Airシリーズのリニューアルが行われたとしてもそれほど不思議ではなさそうである。

なお、iPadシリーズでは現行では小型モデルであるiPad miniシリーズ、中型モデルであるiPad Airシリーズ、そして大型モデルであるiPad Proという3種類のラインアップになっているが、Macの場合は、将来的にはモバイル用途に特化した小型・薄型シリーズであるMacBookシリーズ1 、薄さと性能のバランスをとったMacBook Airシリーズ、性能重視のMacBook Proシリーズというラインアップ構成になる可能性もあると言えるのだろうか。

また、このラインアップ構成の変更によって、すべてのMacBookシリーズがRetinaディスプレイに統一される可能性もあるため、個人的にはこの部分については期待したいところではある。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
  1. あるいはMacBook Airのリニューアル前後にMacBook miniなど名称が変更される可能性も否定できない []
スポンサーリンク

フォローする