次のOS Xは名称はどうなるのか?

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

現在、OS X v10.12(コードネーム”Fuji”)及びiOS 10のテストがアップル内部で行われているとのことであるが、正式名称はどうなるのかが個人的には気になるところである。OS X v10.9 Mavericks以降、v10.10のYosemite、v10.11のEl Capitanなど、カリフォルニア州にある地名あるいは名所から取られている1 ことから、v10.12もそこから取られる可能性がもっとも有力だが。

一方、v10.12の開発で使われているコードネームとして”Fuji”が使われているとのことであり2 、El Capitanの開発コードネーム”Gala”と同じく、リンゴの品種から取られているものである。

余談ではあるが、リンゴの品種としての「ふじ」は、日本で「デリシャス」と「国光」を掛け合わせてつくられた品種で、国内外問わず非常に広く知られているリンゴの品種の一つになっているという。

ただ、いくらなんでも正式リリース時の名称に開発コードネームである”Fuji”をそのまま使うことはこれまでのケースから考えることはできないことから、どうなるのかは余計気になるところではある。

こればかりは、正式な発表が出るまで待ちたいところである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
  1. v10.8 Mountain Lionまではネコ科の動物から取られた []
  2. cf: Apple、2016年リリースに向けiOS10とOS X 10.12「Fuji」の社内テスト加速か – iPhone Mania []
スポンサーリンク

フォローする