Windowsはスクリプト言語を使いたいときに少々面倒

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

これはあくまで個人的な印象なのだが、Windowsは全体的にRubyやPerl、PHP、Pythonなどのスクリプト言語の実行環境がデフォルトでインストールされておらず、使用するには適宜インストールする必要があるなど、OS XやGNU/Linuxシステムを含めたUnix系のシステムと比較すると、スクリプト言語を使う上では少々不親切な状態にあると考えている。

もっとも、Windows環境においては、利用者層を考えると普段からRubyやPerl、PHP、Pythonなどのスクリプト言語を走らせるような作業が必要な作業がほとんどないこと、そもそも用途がウェブサーフィンやWordやExcel、PowerPointなどの資料作成という点で使われることのほうが圧倒的に多いことなどから、相対的に必要性が薄いことが考えられるのだろうか。

また、Unix系システムと比較するとPCやOSの知識に疎い人が多いということも考えられることからも、不用意な操作を防ぐという意味でも有効なのかもしれない。

とはいえ、開発者にとってはスクリプト言語の開発環境がデフォルトでインストールされていないというのは、(インストールすれば問題ないとは言えども)少々不親切に感じる部分はある。とはいえ、近年ではChocolateyなどのWindowsで使えるパッケージ管理ツールも登場していることから、それを使えば環境構築もかなり楽にはなっているのだが・・・。

スクリプト環境については、当面の間Unix系システムのほうが親切なのだろうな・・・。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする