Windows 10の無料アップグレード期間も残りわずか

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

ついにWindows 10への無料アップグレード期間も残りわずかとなった。無料アップグレード期間が終わった場合は、有償でWindows 10を購入してアップグレードしなければならなくなるが、かなりの出費を強いられるだろう。

Windows 10の無料アップグレードは、一時期は気づいたときには勝手にアップグレードしてしまうというとんでもないことをしでかして話題になっていたが、その状態でも1ヶ月以内でかつ旧バージョンのデータが残っていればリスクはあるが従来の環境にロールバックできるようにはなっている。

ちなみに、一度でもWindows 10にアップグレードした実績のあるハードウェアについては、ハードウェア構成を変えない限りは、ライセンスが有効になるとのことであるため、Windows 10にアップグレードを一旦行った上でロールバック、その後にアップグレードするという方法も一応は可能である。

また、ハードウェア構成変更などでライセンス認証がなされないというトラブルについてもWindows 10 Anniversary Updateではトラブルシューティングが可能になることで、Microsoftアカウントと紐付けていれば多少は懸念事項は緩和されるそうだ。

残りわずかな無料アップグレード期間だが、アップグレードできない決定的な理由がなければ、一刻も早くアップグレードするのが良いだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする