Xcode 8.0でPodをlintするには

CocoaPodsでlintを通すとき、CocoaPods 1.0.xでは通常、iPhone Simulator 4sを使ってlintが行われるようである。従って、そのままではpod spec lintを走らせても異常終了してしまう。従って、Xcode 8.0でPodをlintするにはちょっとした手間が必要になる。

といっても、手順は割と簡単である。

まずは、Xcodeを起動、メニューバーの「Xcode」→「Preferences」を選択、設定画面が開いたら、「Components」を選択、「iOS Simulator 9.3」をインストールする(管理者権限が必要なので、パスワードも入れる)。

インストールが完了したら、メニューバーの「Window」→「Devices」を選択。端末管理画面が開かれるので、左下の「+」ボタンをクリック→「Add Simulator」を選択。Device Typeを「iPhone 4s」、OS Versionを「9.3」にすることで、追加することができる。

追加が完了すれば、準備完了である。

Xcode 8.0ではデフォルトではiOS 10以降のシミュレーターのみ対応、iPhone 4sはサポートされないのでちょっとした手間が必要だが、是非とも覚えておきたいところである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
スポンサーリンク

フォローする