Touch Bar付きMacBook ProにはwatchOSが含まれている?

一部モデルを除いたMacBookシリーズも、ついにTouch Barとして、ディスプレイ側ではなく、キーボード側のファンクションキーとして使われていた部分にタッチパネルが搭載された。また、iOSで先行して搭載されたTouch IDにも対応している。このためにwatchOSのサブセット版が含まれているそうである。

Touch Bar、実はwatchOSが動作していることが判明』(gori.me)によれば、Touch Bar付きMacBook Proは、IntelアーキテクチャーとARMアーキテクチャーのCPUの両方が搭載、それぞれのOSが協働して制御しているとのことである。これによって、指紋認証といった従来のMacでは不可能だった機能が追加できるようになったというとのことである。

指紋認証などのセキュリティー周りでは、ARMのアーキテクチャーに依存する機能が使われているという情報があるということを見たときは、個人的にはそれなりに納得した。また、macOS SierraのコードにARMのコードが含まれていたというのも、ARMに依存する機能が含まれているからというのであれば理解できるということになる。

色々な噂の絶えないアップル製品だが、調べてみると実に面白いものである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
スポンサーリンク

フォローする