Carthage、CocoaPods、HomebrewはMac開発必携ツール

現在、アプリ開発を行なっているが、すでにCarthage、CocoaPods、Homebrewは開発において必携ツールとなった。これらがないと、開発の効率は大幅に下がってしまうだろう。

まず、Carthageはアプリ開発用のパッケージ管理ツールである。開発しているアプリで使いたいフレームワークをGitHubをはじめとしたホスティングサービスからクローン、それを自動的にバイナリーフレームワークにするという優れもののツールである。Cartfileに定義されたパッケージをクローンしてバイナリーにするという作業のみ行われるため、プロジェクトの設定は別途行う必要はあるが、柔軟性に富んでいる。

次にCocoaPodsもCarthage同様、アプリ開発用のパッケージ管理ツールである。多くの点でCarthageと似ているが、こちらは自動的にプロジェクトの設定を行う点、Carthageよりも歴史が長いためか扱えるパッケージも多いことなどが挙げられる。CocoaPodsとCarthageは似ているがそれぞれ違いがあるので、併用することができる。

Homebrewは汎用的なパッケージ管理ツールである。CarthageやCocoaPodsとは違い、システムに対するもので、CocoaPodsやCarthageをインストールするためにも使われることが往々にしてある。これは、管理系のツールやアプリも含まれているので、開発用でなくても有用なツールである。

これらのツールは今日のmacOS/iOSのアプリ開発では必須なので、ぜひとも使えるようにしていきたい。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL