新しいMacBook Proが登場!一部モデルを除きTouch Bar搭載

日本時間の本日10月28日未明の「hello again」イベントで、新型MacBook Proが発表、アップルの公式サイトでもMacBook Proのページが更新された。この新型MacBook Proでは先行するMacBookで採用されたものが改良を加えながらフィードバックされているものも多いが、一番注目すべきは噂になっていたファンクションキーの廃止に伴うTouch Barが搭載されていることだろう。

Touch IDつきTouch Barを搭載

まず、更新されたMacBook Proでは、13インチの最下位モデルを除き、Touch ID及びTouch Barが搭載された。これに伴い、Touch Bar搭載モデルではファンクションキーが廃止された。

Touch Barは、小型のタッチパネルつきディスプレイで、使用しているアプリなどに応じて、それぞれに適合したインターフェースになるというもののようである。

このTouch BarにはTouch IDも搭載しており、iPhone 5s以降のように指紋認証を使うこともできるようである。

さらに薄型化

また、新型MacBook Proではさらに薄型化がなされており、従来の1.8cmから13インチモデルでは1.49cm、15インチモデルでは1.55cmとなっており、MacBook Airよりも薄くなっている。

これに伴い、キーボードはMacBookで採用されたバタフライキーボードの改良版を採用、コネクター類はUSB type-Cコネクター及び3.5mmイヤフォンジャックのみとなり、MagSafeアダプターやHDMIコネクターなどは廃止となった。充電はUSBコネクターより行う方式となっている。

一方でトラックパッドはかなり大型化しており、それを使った作業はさらに行いやすくなっている。

最後に

今回の新型macBook Proは大きな変化だが、いくつかはMacBookでの成果をフィードバックしたようなものになっている。それなりに大きな変化になっているが、現時点では旧モデルも残っているので、お財布と相談してと行ったところだろう。

なお、今回のモデルチェンジと同時に、MacBook Airの11インチモデルは廃止された。13インチモデルも完全にMacBook Proにも食われている感があるので、段階的に廃止されていくのだろうか。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
スポンサーリンク

フォローする