必要な時にスキルをつけられるか

仕事においても、それ以外においても、突然新たなスキルを身につけることを要求される時がある。場合によっては次から次へと要求されるスキルが変わってくる時がある。この時、ちゃんと身につけられるかで大きく変わってくる。

私の場合は、基本的にはスマートフォンアプリの開発者で、基本的にはスマートフォンアプリのプログラミング言語や開発ツールを使って開発を行っている。

しかしながら、アプリの規模等にもよるが、クライアント/サーバー型のサービスになっている場合が往々にしてあり、通常はネイティブ側・サーバー型が分担して開発するというパターンが多い。

とはいえ、不測の事態等でネイティブ側の開発者がサーバー側へ介入する必要に迫られたり、その逆というのは起こりうる。また、人員配置によっては普段からそういったことが起こることもありうる。

その際は、前もって必要となりそうなスキルを身につけておくか、必要になった段階ですぐに覚えるということが必要になる。

前者は準備しているので多くの場合は日頃から学習しようという意識があればそれほど難しくはない。

後者は必要になった段階で学習するということであるため、どういたことが必要なのか、ピンポイントで学習しなければならないため、情報を収集したり分析したりといったことを素早くできなければ至難の技である。

こういったことから、個人的には前もって学習してスキルを身につけておいたほうがよいだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする