『そるだむ開花宣言』レビュー

Nintendo Switch発売でまだ話題が続いている感がある今日この頃、私も遊んでみたゲームをいろいろレビューしていきたい。今回はシティコネクション社の『そるだむ開花宣言』をレビューしてみたい。

そるだむ開花宣言は、ぷよぷよやテトリスなどの「落ちものパズルゲーム」に分類されるゲームだが、独自のルールからその難易度はかなり高いものとなっている。

プレイヤーは4個1組の「そるだむ」を落とし、縦・横・ななめのいずれかをリバーシの要領で挟んで色を変えて、横一列が同じ色で埋まるとその列を消せるというルールである。消したそるだむは「クリアソルダム」となって、色を変えるのに使うことができる。そるだむ開花宣言ではクリアソルダムを使って色を変えてもなくならないため、何度でも使うことができる。なお、そるだむが画面上のデンジャラスゾーンまで積むとゲームオーバーである。

なお、そるだむ開花宣言は元々はジャレコ社のアーケードゲーム「ソルダム」のリメイク版にあたり、本作では一部のルール改定1 がなされたことを除けば、正統進化的な存在になっている。

グラフィックはぷよぷよフィーバーシリーズを連想させるポップなデザイン、音楽はリメイク版に元のアーケード版、およびその元ネタの「妖精物語ロッドランド」からのアレンジになっている。

個人的にはテトリスやぷよぷよと比べるとかなりマイナーなゲームで、ローンチタイトルに加わったのが意外に感じた。ゲーム的にはそのルールからかなり難易度が高く、キャッチコピーの通り「アたまフル回転!」させなければなかなかハイスコアは取れないだろう。

慣れるまではかなり厳しいゲームだが、ゲームのルールに慣れるのに向いた、プレイヤーが下ボタンを押さない限りそるだむが落ちない「らくだむ」モードや、詰め将棋のようにお題に沿って正答を探す「つめだむ」モードなどもあり、初心者への配慮はなされている。

今日のゲームと比べるとかなりカジュアルなものとなっており、バリエーションに乏しいものの、お手軽に遊べるので、是非ともオススメしたい一作である。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
  1. アーケード版ではクリアソルダムは一度しか使えなかった []
スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL