Mac Proは2018年にフルモデルチェンジとのこと

アップル社のMac Proは、2013年に黒いゴミ箱を彷彿させるモデルとなってから、3年以上にわたってアップデートさえない状態だったが、2018年にフルモデルチェンジがなされるとのことであると発表された。また、価格は据え置きでCPU/RAM/グラフィックボードのランクアップも行われた。

2013年にMac Proのモデルチェンジが行われてから、長らく更新がなかったことで批判されていたが、漸くその状況から改善がなされる見通しが立ったと言える。

なお、次のMac Proでは拡張性を排した現行モデル失敗を反省してか、CPUやGPUの交換がしやすい形になると言った言及があるとのことである。

次のMac Proではモジュラー型となる見込みとのことである。筐体の大型化は避けられないが、性能と拡張性を重視するモデルでは一定以上のスペースを確保するのが普通であるため、そこまで問題になることはなさそうである。

他には、iMacもアップデートが予定されているとのことだが、Mac miniについては今の所言及がない模様である。

デスクトップMacに対して不安があったものの、これで少しは緩和されたと言っても良いのだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする