WannaCryptが猛威を振るっている

世界規模のランサムウェアの影響で異例のパッチ配布へで言及したランサムウェア「WannaCrypt」が世界規模で猛威を振るっているという。すでに日本でも被害が確認されており、深刻な状況といえる。

日本においては、昨日から休み明けとなり、企業や団体での被害が拡大しているという。大企業の社内システムや地方公共団体のウェブサイトなどが攻撃されたことで不安定になっているという事例も確認されているという。

安全のため、基本的には怪しいウェブサイトには手を出さないことはいうまでもないが、場合によっては、信頼できるとされるウェブサイトでさえ攻撃を受けていておかしくなっているという可能性もあるため、セキュリティーは十分に気を使う必要があるだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする