相模原事件からまもなく1年

2016年7月26日に神奈川相模原市の障碍者福祉施設で起こった戦後最悪の殺人事件から1年が経過しようとしている。

2016年7月26日未明、「神奈川県立 津久井やまゆり園」で、死者19人、負傷者26人を出した痛ましい事件が起こった。その事件の犯人は元施設職員で、刺青と施設でのトラブルなどで解雇された他、障碍者に対する身勝手にして悪質な犯行動機を語っていたという。

この事件の影響は今尚遺族を中心に引きずっている。ある娘を喪った父親はいまだにそれに向き合えぬ状態が続いているという(cf: 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 – 毎日新聞)。この凄惨な事件はいまなお関わった人を苦しめ続けている。

こういったヘイトクライム及びテロは厳しく断罪されなければならない。しかしながら、その原因や犯罪の起こりうる要因を洗い出し、対策を立てて、再発防止に努めなければならない。

また、日本においては人権意識がかなり低いとしばしば言われている(cf: 「人権」が理解されない日本 – ハフィントンポスト)。こういった社会が抱える問題もまた同様の事件が起こる要因となりかねない。こういった課題も乗り越えて行く必要もあるだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする