無許可RTというけれど・・・

最近、Twitterにおいて、リツイートを巡ってしばしばトラブルが起こっているらしい。というのも、自身のツイートをリツイートされるのを嫌っているらしく、「無許可RT禁止」を主張しているユーザーがいるということである。

リツイートとは、第三者のツイートを自身をフォローしているユーザーに紹介するための機能で、リツイート数やリツイートしたユーザーのフォロワー状況にもよるが、一定の拡散効果がある。これは、ツイートを公開していない、またはブロックされていないユーザーのツイートであれば、自由にリツイート可能である。

この側面もあり、Twitterのシステムを知らないユーザーを中心に、勝手に自分の日記を覗かれる、あるいは勝手に自分の部屋に入り込まれるというような感覚があるらしく、それを快く思わない利用者がいるらしい。

Twitterに限らず、ウェブ上で情報を公開するということは、不特定多数の人に情報を公開する(つまり、仲間内で共有するというものではない)ということをする必要がある。さもなければ、Twitterであれば、ツイートを非公開にするなどの対処をする必要がある。

Twitterの性質を考えれば、無許可RTお断りというのはナンセンスではなかろうか?

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL