TwitterのAPIポリシー違反の取り締まりで複数のサービスが利用不能に

Twitter APIを利用したアプリのうち、APIポリシーに違反したとされるもののAPIおよび開発者アカウントの凍結が相次いでいるという。12月15日にはTwitterまとめサイト「togetter」が凍結、開発者アカウントも凍結されたという。

Twitter、「APIポリシー違反」一斉取り締まり Togetterもログイン不可に アプリ開発者に不信感広がる』(ITmedia NEWS)によれば、Twitter APIを利用したサービスにおいて、APIポリシーに違反していないかどうかを見直したことが原因で、複数のAPIを利用したサービスが凍結されたという。

Twitterデベロッパーポリシーの再確認について 』(Twitter Developers)によれば、「同一の利用目的を対象に複数アプリを利用しているケース」に該当しているケースが多いとのことである。

事前の警告なしに凍結が行われるということが相次いでいるとのことで、Twitter APIを利用したアプリ開発者の間で不信感が広がり、長期的にはTwitterを利用したサービスの低下への影響が懸念される。とはいえ、Twitter APIを使ったアプリでも法的問題やトラブルなどを抱えている場合もあり、いかにして安心で利便性の高いサービスを提供できるのかが問われているのではと考えている。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする