二千円札は見かけない

日本においては、紙幣というと、千円札、五千円札、一万円札が出回っているが、二千円札はほとんど出回ることがないという。今回は二千円札について軽く書いてみたい。

二千円札は、2000年に発行された、普通の日本銀行券であり、表面は守礼門、裏面は紫式部と源氏物語絵巻という、当時の日本円の紙幣にはなかったデザインと、現在主流の紙幣でも採用されている偽造防止技術が初めて使われたということでも話題に上がった。

なお、二千円札は、沖縄県を除きほとんど流通せず、2003年以降は製造されていないという状態である。これは、日本と国外における文化的な差や、治安の差など、様々な要因があるのではと言われている。

なお、沖縄県では、二千円札の普及促進が強く行われたことが、流通が進んだのではと言われている。

沖縄県を除き、ほとんど使われることのない二千円札だが、今後、どうなっていくのだろうか?

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする