迷惑メールってどうやってくるんだろうか

久々に数時間に1通以上の頻度で送りつけてくるしつこい迷惑メールが来るようになり、即座に受信拒否を行なったのだが、それにしてもどうやって迷惑メールを送信するためのリストを作っているんだろうか?

迷惑メールは、なんらかのWebサービスでメールアドレスを登録した、あるいは利用した時を契機に、あるいは心当たりのないうちに送りつけてくるようになるといったように、いつ送りつけられるようになってもおかしくない状態にある。

しかも近年はその手口も巧妙化しており、あたかも正規のメールに偽装したり、あるいは受信拒否を見越してドメインやIPアドレスなどを変えたりと、いたちごっこの状態が続いている。

それにしても、迷惑メールはいかにして送信してくるようになるんだろうか?

可能性としては、辞書の単語やランダムな文字列を入れたメールアドレスで送りつけて、エラーメールが返ってきたら無効リストに追加するといったようなやり方はしばしば聞く。あるいは、Webサービスなどのメールアドレス入力フォームの内容を盗み取っているのだろうか?あるいは標的型攻撃などで盗みとっているのか。

ただいえることは、「一体何がしたいんだ」と。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする