HTTPS化が加速するか

最近、ウェブサイトにおいてHTTPS化の流れが止まらない。その中でも一部のセキュリティーが求められるものだけでなく、全てのコンテンツをHTTPSで接続するという方向がかなり進んでいる。

HTTPS(HTTP over SSL/TLS)は、HTTPをSSL/TLSで暗号化したもので、適切な暗号化がなされれば第三者に傍受されても、情報が盗み取られる、あるいは改変されるリスクが軽減されるというもので、以前は多くのウェブサイトでは一部のページでしか使われないというパターンが多かった。

近年では常時SSL化(Always on SSL)の波が進んでおり、それを後押しするようにSSL証明書もコストも最小限に導入できるようになりつつあるそうだ。

なお、Google Chromeでは、2018年7月にリリース予定のChrome 68から、SSL化されていないHTTPサイトをすべて「安全ではない」とするそうである。このため、ウェブサイト運営者はSSL化が強く求められるといえる。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL