免許証の更新も面倒ではある

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

今回、運転免許証の3回目の更新手続きを行ったのだが、運転免許証の手続きも色々と面倒なところではある。

運転免許証は有効期限が定められており、3〜5年に一度更新しなければならない。更新までの間に無事故・無違反を5年以上続いた場合は優良運転者 [1]いわゆるゴールド 、3点以下の軽微な違反は1回のみの一般運転者は5年 [2]ただし更新年に満71歳の誕生日を迎える場合は4年、72歳以上の場合は3年 で、初回更新者および違反運転者 [3]違反を複数回行なった、または重大な違反や事故等を行ったことがある場合 、は3年となる。

免許証更新の際には、免許センターまたは警察署で更新手続きを行い、視力検査(および一部の免許では深視力検査)を受けた後、写真撮影(一部を除く)、講習を受けた後、晴れて新しい免許証が交付されるという流れになっている。

免許証の更新は頻繁に行うというものではないものの、自身の誕生日の前後になるため、仕事や住んでいるところによってはなかなか難しい場合がある。この点はより一層の改善が望まれる。特に車がないと著しく生活に支障をきたす場所ではなおさらである。

References

References
1 いわゆるゴールド
2 ただし更新年に満71歳の誕生日を迎える場合は4年、72歳以上の場合は3年
3 違反を複数回行なった、または重大な違反や事故等を行ったことがある場合
タイトルとURLをコピーしました