考えてみたら初期のPCはおもちゃみたいだった

今日ではPCやスマートフォンの普及がかなり進み、その性能もかなり高くなっているが、登場当初は今から考えるとおもちゃみたいなものだったという。

今日においては、PCにおいても、スマートフォンにおいても、仕事では欠かせないものとなっており、その性能も非常に高いものになっている。

一方で、登場初期のPC、例えば、1981年に発売されたIBM PC 5150においては、以下のようなスペックになっている。

  • CPU: Intel 8088
  • RAM: 16~256KB
  • ストレージ: 5.25inch FDD 160KB
  • ディスプレイ: MDA or CGA

これは、現在のPCはおろか、スマートフォンすら満たないレベルの低いスペックであり、今から考えると信じられないようなものである。

とはいえ、現在使われているPCの原点の一つといえるモデルであり、これが時代の変遷とともに発展していって、現在のPCになっていたといえる。

初期のPCは今から考えるとおもちゃみたいなものになっているが、それが発展して言って現在のものになっているのを考えると、時代の変化もなかなか面白いものである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする