iOSのアプリがmacで動く日

iOSUIKitを使ったmacOSプログラミングに必要なモノ』(ASCII)に記事を確認した限り、iOS向けに開発されたアプリを移植しやすいようにUIKitフレームワーク群がmacOSでも使えるように開発が進められているという。これは、巷で噂されていたMacとiOSの統合ではないが、開発の負担が軽減されるようになる可能性があるという。

iOSとmacOSでは、コアとなる言語とフレームワーク群では共通の部分も多く、システム面では移植性が高い。

しかしながら、完全に同一のものではなく、macOSではCocoa Framework、iOSではCocoa Touch Frameworkとして、UI周りを中心に相違点が非常に大きい。また、UI/UXデザインの方向性も違う。

このため、macOS向けアプリとiOS向けアプリの両方を開発するときに、この部分のコストがかかることになる。

しかしながら、macOSでもUIKitが使えるようになることで、この部分の敷居が軽減されることになるという。

最も、iOSとMacでは操作体系が違うので、細かいところなどではそうは問屋が卸さないが、現状よりも遥かに開発しやすくなるだろうと考えている。

iOS向けに作られたアプリがMacでも使えるようになる日が近づきつつあるようだ。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL