IT時代の読み書きで・・・

今日では毎日のようにスマートフォンやタブレット、PCを使って文字情報のやり取りを行なう機会がかなり増えているが、とっさの時には依然として紙面の活字や手書きの情報も必要という状態にある。この中で、それぞれの場面で違った読み書きが求められていると言える。

今日においては、ITもかなり進んでいることもあり、長い文章を読む時は活字または画面上の場合がほぼ全てだし、長い文章を書く時にいたっては基本的にPCやスマートフォン、タブレットを使い、手書きは試験かよほど旧態依然とした場でない限りはないだろうという状態であろう。したがって、PCなどの機器を使うということが重要になる。

一方で、手書きが必要な場合というと、とっさのメモ書きといったPCやスマートフォンなどでは間に合わない場合の対応や、署名など自筆であることが必須の場合といった状態になる。これらに備えて、ある程度はしっかりと手書きで書けるようにしておきたい。

今日では様々な情報が入り混じっていて、文字情報でさえタイプが分かれている以上、うまく使い分けられるようにしていきたい。

スポンサーリンク

フォローする