さりげなくiMacがアップデート

2019年3月19日(日本時間)、アップル社は一体型デスクトップの「iMac」のラインナップの更新を行なった。27インチモデルの一部では第9世代の「Coffee Lake Refresh」アーキテクチャを採用している。

今回のiMacのラインアップ更新は2017年6月以来のおよそ1年9ヶ月ぶりのものであり、2018年10月30日のMac miniの更新ほど(4年ぶり)ほどではないものの、長いスパンの上でのモデルチェンジとなった。

基本的には世代更新によってパフォーマンスの向上が図られているといってよい。

CPUは21.5インチのRetinaディスプレイを採用したすべてのモデル、および27インチの多くが第8世代「Coffee Lake」アーキテクチャのCPUで、27インチの一部(またはBTO)で第9世代「Coffee Lake Refresh」アーキテクチャーを採用している。最大で8コア16スレッドとなった。

GPUは、各画面サイズの最上位モデルではBTOでRadeon Pro Vegaを利用可能となっている。

メインメモリーは標準8GBだが、それぞれモデルに応じて最大32GBまたは64GBまで増設可能、21.5インチモデルではアップル正規プロバイダの対応が必要、27インチモデルではユーザーでの交換が可能となっている。これはメモリーの周波数の変更と比較的小規模なものになっている。

全体的には大きな変更とは言えないが、堅実な更新と言えるだろう。

スポンサーリンク

フォローする