Dart/Flutterプログラミング入門 – Flutter開発ツールのインストール

前回「Dart/Flutterプログラミング入門 – Dart/Flutterで開発するために必要なもの」ではDart/Flutterで開発するために必要なものを記載した。今回はDart/Flutterの開発ツールをインストールする作業に入りたい。なお、ここでは複数のOSを想定して記載したので、環境に応じて適切な方法をご確認くだされば幸いである。

注: なお、今回はFlutter SDKのインストール方法を説明したい。というのも、Flutter 1.21以降はFlutter SDK自体に完全なDart SDKを含んでいるため、以下の場合に該当する場合を除き、Dart SDKを明示的にインストールする必要がないからである。

  • Flutterを使わない
  • バージョン1.21よりも前のバージョンを使う
  • Flutterを使う必要がない場合に、ディスク容量やダウンロード時間を節約したい場合

Windowsの場合

Windowsを利用している場合は、以下の2つのいずれかの方法でインストールを行うことができる。

Chocolateyでインストールを行う場合

Chocolateyを使ってインストールを行う場合は、以下のコマンドを入れる。

choco install flutter

手動でインストールを行う場合

Windowsを利用している場合は、以下の手順でインストールを行う。

  1. Windows install – FlutterよりFlutter SDKのZIPファイルをダウンロードする。
  2. ダウンロードしたZIPファイルを適切な場所に展開する。(例: C:\opt\flutter)
    • 注: 「C:\Program Files\」 のような管理者権限の必要なディレクトリに展開してはならない。
  3. 環境変数の設定を開き、ユーザー環境変数にFlutterの実行ファイルのある場所のパスを追加する。
    • 例えば、「C:\opt\flutter」に展開した場合は「C:\opt\flutter\bin」とする
  4. flutter doctor」を実行して、「Doctor summary」などが表示されたら、Flutter SDKのインストールは完了しているので、指摘事項を確認して、適宜対応を行う。

macOSの場合

macOSの場合は、以下のいずれかでインストールを行うことができる。

Homebrewを使う

Homebrewを使う場合は、以下のコマンドを行えばインストールできる。

brew tap homebrew/cask (もし homebrew/cask をタップしていない場合)
brew install flutter

手動でインストールを行う

以下の手順でインストールを行う。

  1. macOS install – FlutterよりFlutter SDKのZIPファイルをダウンロードする。
  2. ダウンロードしたZIPファイルを適切な場所に展開する。(例: ~/opt/flutter)
  3. シェルのプロファイルファイル [1]bashなら「~/.profile」、zshなら「~/.zprofile」。 を編集する。export PATH=$PATH:(flutterをインストールした場所)/bin を追加する。例えば、「~/opt/flutter」にインストールした場合は、「export PATH=$PATH:$HOME/opt/flutter/bin」となる。)
  4. flutter doctor」を実行して、「Doctor summary」などが表示されたら、Flutter SDKのインストールは完了しているので、指摘事項を確認して、適宜対応を行う。

最後に

上記のインストール作業が終われば、晴れてDart/Flutterアプリの開発で必要な最低限の準備は整った。とはいえ、dart/flutterのツールの使い方がわからない状態では厳しいので、次回についてはそれについて説明を行いたい。

References

References
1 bashなら「~/.profile」、zshなら「~/.zprofile」。

コメント

  1. […] 前回「Dart/Flutterプログラミング入門 – Flutter開発ツールのインストール」ではFlutter SDKのインストール方法を説明した [1]Flutter 1.21以降ではDart SDKも同梱されるので、Flutterを使わないとい […]

タイトルとURLをコピーしました