iPhone 7以降に期待すること

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

2015年9月25日にiPhone 6s/6s Plusが発売されてから1か月が過ぎたが、これを踏まえておそらく来年に発売されるであろうiPhone 7以降に期待することを自分なりに書いてみたいと考える。

4インチモデルの復活を希望

iPhone 6/6 Plusでは5s/5cまでの4インチモデルが廃止され、6では4.7インチモデル、6 Plusでは5.5インチモデルとなり、6/6sでも5s/5cよりもかなり大型化していて片手で使うには少々難がある状態となっている上に、6 Plus/6s Plusではいわゆるファブレットで、片手で扱うには極めて困難なものになっている。

その一方、iPod Touch 6th Generationでは従来通りの4インチモデルとなっており、サイズ的には厚さを除けばiPhone 5sとほぼ同等で片手でも十分に扱えるものとなっている。

個人的にはiPhone 7では5s及び5cと同程度のサイズを是非復活させて欲しいものである。近年の大型化の風潮に逆行してでも、手の小さい人でも片手で扱いやすいということを意識したモデルが登場して欲しいものである。

上記を踏まえて、個人的には7が出るとしたら、5s/5cサイズ相当の7 mini、6/6sサイズ相当の7、6 Plus/6s Plus相当の7 Plusといった3サイズ構成になって欲しいと考えている。

FeliCaへの対応を希望

これはiPhoneがおサイフケータイに対応する日はくるのかでも言及したことではあるが、おサイフケータイで使われているFeliCaへの対応を希望している。実際にはiPhone 6/6 PlusでNFCに対応しているが、これはあくまで現状ではApple Pay専用の状態となっており、FeliCaへの対応までは行われていない状態である。

日本においてはFeliCaの普及率が高く、それに対応させることによってiPhoneの利便性も相当向上することが見込まれるのではないのかと考えている。

最後に

iPhoneは時代を追うごとに少しずつ進化・進歩していっていることがわかるが、一方でまだ個人的には不十分だったり、不満だと考える点がまだまだあると言える。特にiPhone 6以降の大型化は近年のスマートフォンでも画面上への情報量が増えているという現状を考えるとやむをえないかもしれないが、前述の通り、端末の大型化は片手で扱いづらくなっている面も否定できないため、片手で楽に扱える4インチ前後の端末を意識したUIデザインを作るといった、コンテンツ作成者側もその点については是非気を遣って欲しいところである。

なお、iPhone 7では6s/6s Plusで行われた大幅な性能の向上や機能の追加といった内面的なアップデートではなく、デザインの変更が主となりそうである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする