Safariで検索バーが出ない時の対策法

時折、Safariで原因不明のバグが出るときがある。システム的にはそこまで致命的ではないのだが、非常に不便なバグである。それが、検索しようとして「Command+F」キーを押しても検索バーが表示されないというバグを踏んだときである。

このバグを踏んだときは検索機能自体は動いているのだが、検索バーが表示されないため、検索しているワードがわからないという非常に面倒な状態になっている。

こうなったときの対策法としては、一旦「Command+Shift+F」キーで検索バーを閉じる処理を行い、もう一度「Command+F」キーを押すことである。これによって、多くの場合は正常に検索バーが表示されるようになる。

Safariの検索バーが表示されないという問題は100%再現できるものではないが、踏んだら不便極まりない。とはいえ、簡単にできる対処法があるので、ぜひ覚えておこう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. paru より:

    ページ内検索ができなくてずっと困ってました!ありがとうございます!