バーチャルボーイの画面は精神衛生上良くないな

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

いまではNintendo 3DSが3D画面の携帯ゲーム機で有名だが、かつてはバーチャルボーイというものがあった。

バーチャルボーイは1995年に発売された3D画面を売りとするゲーム機で、基本的にはゴーグルを付けてプレイするというものだった。

問題は真っ赤な画面というもので、精神衛生上よろしくないという印象が強かった。それと凄く疲れそうだし・・・。

とはいえ、これは当時のLEDの技術的制約によるもので、現在であればフルカラーも行えるのではと考えられる。

当然ながら、問題点が多すぎて失敗に終わったが、今の3DSを見てみると、コンセプトの一部は引き継がれているようだ。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする