複数のタスクを回すには

私の場合、複数のタスクを実行するというのはかなり苦手な部類ではあるのだが、実際には複数のタスクをこなす必要のある場面に往々にして遭遇することもあって、だいぶできるようにはなってきた。ここでは私なりに複数のタスクをこなすにはどうしたらいいかか述べてみたい。

当然ながら、複数のタスクをこなす上で、そのタスクがどれくらい重要なのか、どれくらい緊急なのか(いつまでに終わらせるものなのか)、あるいは後回しにしていいのか、誰かに任せるべきタスクなのか、そもそもしなくていいタスクなのかを振り分けることが必要になる。また、タスクによってどれだけのクオリティーが求められるのかも把握するということが重要になる。

これらの複数の尺度を持った上で、タスクの優先順位をつけたうえで、何のタスクにどれくらいの時間をかけるのかといった時間配分もある程度計画を立てておく。あとはそれをベースにしてタスクをこなしていくといったところである。

これらは非常に難しいところではあるのだが、その優先順位しっかりとつけることができるのであれば、複数のタスクをこなす上で大きなヒントになるものと考えられる。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする